しわに効く美容液を使えば悩みがあっという間に消える

しわの種類別に選ぶ

コスメ

見た目年齢をキープする

しわが多い人と少ない人では、見た目年齢に最大でも10歳近くの差が出ると言われています。一般的に加齢が原因でしわが増えると思われがちですが、しわの約6割は紫外線による光老化という現象が原因です。つまり、しわに効く美容液でスキンケアを怠らないようにすれば、しわを目立たなくすることもできます。それだけはなく、しわやたるみのできにくいみずみずしい肌を育てることにもなります。しわに効く美容液を探すには、まずは自分の顔に出ているしわの種類を把握しなくてはいけません。しわには、口元や目元に出来やすい浅いタイプと、眉間や頬に刻まれる深いタイプに大別されます。深いしわの主な原因は、光老化によるコラーゲンやエラスチンの減少です。いずれも肌の弾力をもたらす成分ですが、分子が大きいので肌に浸透しにくい性質があります。深いしわに効く美容液を選ぶ時は、肌のコラーゲン産出量を取り戻すための成分が配合してあるかを見ておきましょう。具体的にはビタミンC誘導体や、レチノールなどです。低刺激のナイアシンもいいでしょう。浅いしわができる要因は、皮膚の乾燥です。乾燥しがちな年齢肌を保湿するための成分が、たっぷり配合してある美容液を選びましょう。肌の潤いには細胞間脂質に多く存在しているセラミドが重要です。つまり、浅いしわに効く美容液としては、保湿に優れたセラミド2などが入っていて、さらにコラーゲンやアミノ酸などを配合した美容液が適しています。